気持ち良く債務整理ができました

お金を使う事って気持ちが良いですよね。

物欲をお金で満たす事だけが生きがい、という人もいますし、私もそういった人間でした。

毎月、何を買おうかと考え、品物を購入する事だけが楽しみでした。

財布からお金が尽きてしまっても、まだまだ銀行預金にはお金があるし、

と危機感を抱かずに買い物を続け、銀行預金が空になったらキャッシングでお金を借り、

キャッシングの限度額が限界になったら他のキャッシング業者からお金を借り、

お金なんてどうにでもなる、ととても楽観的に構えていました。

お金が無くなる、イコール生活ができなくなる、

生活のためにダブルワークを行い眠る時間も無くなり身体的にも精神的にもまいってしまうといった実感が無かったのです。

債務の末にダブルワークの必要に迫られ、眠る時間も無くなり、

お金を稼ぐだけのロボットになり、ぼろぼろになりやっとお金の大切さが分かりました。

お金を使っている間は確かに楽しかったのですが、お金で得られる楽しさは一瞬だけでした。

債務を清算して人生をやり直そう、と私は弁護士事務所の門を叩きました。債務整理を行なったのです。

債務整理をする際に、弁護士から軽蔑されないだろうか、

といった心配がありましたがさすが現在はお客商売である弁護士、とても気持ち良く債務整理を行なってくれました。

 

ナースサーチkango-shi.jp

キャッシング返済が不能になり債務整理を

私はキャッシング業者からお金を借り入れ、返済が不可能となった末に債務整理を行ないました。

キャッシング業者からお金を借り入れた理由は、生活費や遊興や交際のためでした。

お金を借り入れても働いて返済をすればいいだけ、と楽観的に構えてキャッシング契約をし、

まずは四万円だけ、次に十万円、三十万円、と借り入れ続け、気付けば債務は400万円にもなっていました。

勿論、一社から借り入れているだけでなく数社から借り入れていましたが、返済金額を借金で揃える自転車操業状態でした。

低収入であるのに400万円もの債務があっては生活もままならなくなり、

どうしたものか、と考え、悩んだ末に債務整理で債務から解放されようと決めました。

債務整理にも種類があり、デメリットが少ない債務整理もあるのです。

債務整理というと自己破産とのイメージを持っている人もいますが、

破産までいかずとも少額返済に債務を減らす事もできるのです。

自己破産はあまりにも重かったために、債務額を減らして欲しい、と自己破産以外の債務整理について弁護士に相談をしました。

弁護士への相談料は無料、更に債務整理代行料金も安く、時間も掛からずに低料金、高スピードで債務整理が行なわれました。